1. ベストグループ九州中・南ブロック会員ホームページ > 
  2. ベストグループ見聞会講話集「21世紀を幸せに生きる」一覧ページ

ベストグループ見聞会講話集「21世紀を幸せに生きる」一覧ページ

  • 2015年(平成27年)8月9日 ベストグループ九州地区見聞会 ①

    九州の皆さん、おはようございます。人間は一つの節目で成長するチャンスがあるのです。私はこの世界へ来て二十一年になります。二十一年の中で何回かは壁がありました。その壁を乗り越えるか、その壁の前で砕け散るかのどちらかなのです。壁を乗り越えた方だけが、より素晴らしい人間になっていきます。しかし、壁から逃げる方はまた同じ繰り返しをするのです。

    続きはこちら >>

  • 2015年(平成27年)8月9日 ベストグループ九州地区見聞会 ②

    人格が顔に出ていることをあなた方は知っていないのです。善くない人格の方は、顔を見れば分かります。そのような方は目が怖いのです。目は口ほどに物を言うのです。だから、母親は子供の目を見ませんか。妻は夫の顔を見て、じっと目を見ていませんか(一同笑い)。

    続きはこちら >>

  • 2015年(平成27年)8月9日 ベストグループ九州地区見聞会 ③

    しかし、そんな夫婦は、自分は「夫から愛されたい」「妻から愛されたい、感謝されたい」と求めるのです。相手に対する愛や思いやりや優しさがないのに、自分がしてもらうことばかりを考えているのです。だから、「夫に愛されていないのではないか」「妻に愛されていないのではないか」「私は必要とされていないのではないか」と思うのです。

    続きはこちら >>

  • 2014年(平成26年)12月21日 ベストグループ九州地区見聞会①

    九州の皆様、おはようございます。何でもそうですが、自分から心を開かないと人は寄って来ないのです。偉そうにしていては誰も寄って来ません。人間関係を一番大事にしなければ、人との関係は上手くいかないものです。

    続きはこちら >>

  • 2014年(平成26年)12月21日 ベストグループ九州地区見聞会②

    では、最高の人間とはどのような人なのでしょうか。 事業家時代にあっという間に会社が潰れかけたことを経験した時に、私は人格が悪くなりました。でも、本人は人格が悪くなったことに気づいていないのです。しかし、出てくる言葉の端々に人がついて来ることができなくなるのです。

    続きはこちら >>

  • 2014年(平成26年)12月21日 ベストグループ九州地区見聞会③

    病気になる方は失敗者の方が多いようです。遺伝子科学では、ネガティブで否定的な人生を歩む方は、体の細胞は良くない遺伝子が出やすくなると言われています。こういう方は、付き合って下さる方はほとんどいなくなるのです。なぜなら、ネガティブな人に何を言っても受け止めてくれないからです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)10月23日 ベストグループ九州地区見聞会 ①

    九州の皆様、おはようございます。小学校や中学校の道徳の学習指導要領には、人との関わり方、社会との関わり方、組織との関わり方、命や真理について書かれています。教育基本法にも「真理と正義を希求せよ」と書かれています。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)10月23日 ベストグループ九州地区見聞会 ②

    お金が一番ではないのです。男性は仕事を通して社会に貢献することが、私の基礎的な考えです。事業家時代、四十一歳から四十三歳迄会社が潰れかけた時「生活ができて少し余裕があれば良い」と思ったのです。「残された人生を仕事に打ち込んでも敗れるならば、損得なしで社会や人の役に立つことをしたい」と思うようになりました。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)10月23日 ベストグループ九州地区見聞会 ③

    教育基本法にも書かれているように、人間は真理を知るために創られたのです。真理を知るようになると、日本は素晴らしい国になるのです。しかし真理を知るには、それをお教えする人がいないといけません。 

    続きはこちら >>

  • 2015年(平成27年)2月11日 ベストグループ沖縄地区見聞会 ①

     皆様、おはようございます。私は小さい時に苦労をしていますから、人の気持ちが分かります。今はもっと人の気持ちが分かります。どうすればその方がもっと幸せになれるだろうかということしか考えていません。私は自分が苦労してきて人の気持ちが分かるから、人を守りたいと思うのです。

    続きはこちら >>

  • 2015年(平成27年)2月11日 ベストグループ沖縄地区見聞会 ②

     私は日本の未来のために人財を育てています。必要たる人財になるためには、まずは人の道を歩まなければいけません。今の若者は小さい時に親から道徳をあまり教えてもらっていませんから、人の道をあまり分かっていない方が多いと思います。

    続きはこちら >>

  • 2015年(平成27年)2月11日 ベストグループ沖縄地区見聞会 ③

     悩むことは良いことです。悩むから人間は成長するのです。悩みや苦しみは形を変えて、波のように押し寄せてくるのです。だから、どのような艱難辛苦が来ようとも、揺れることのない人間になることの方が素晴らしいと思いませんか。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)2月6日 ベストグループ甲信越地区見聞会 ①

    皆様、おはようございます。お金が幸せの元だと思っている方がたくさんおられます。確かに、お金が無ければ人間社会では生きてはいけません。お金が無ければ子供を学校へ行かせることもできませんし、怪我をしたら病院へも行けません。ですから、お金は必要な最低限のものなのです。しかし、お金は生きる目的ではないのです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)2月6日 ベストグループ甲信越地区見聞会 ②

    人間関係で負けるのは、あなたが気にするからでしょう。間違った生き方をしていれば恥じるけれど、正しいことをしていたら恥じる必要はありません。人間は皆、考えが違います。間違っている人は人の悪口を言うのです。正しい人は人の悪口を言わないのです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)2月6日 ベストグループ甲信越地区見聞会 ③

    そして五年目には一千億円の売上目標を掲げました。そうするとお金の魅力に負けて、俺の力と言い出したのです。「これは目に見えない力だ」と言っていた時には、働いて下さる方々に「皆のお陰だ。ありがとう、ありがとう」と言っていたのです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)10月2日 ベストグループ関東地区見聞会 ①

    皆様、おはようございます。人生とは本当に儚いものです。いつ何が起こるか分かりません。人間は生まれたら死ぬのです。その短い人生をどのように生きるかが大事であると、いつも説いているのです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)10月2日 ベストグループ関東地区見聞会 ②

    「今日の衣川大先生は素晴らしかった」とか「今日の衣川大先生は冴えなかった」とか、一つ一つを見られているのです。つまり、あなた方もいつも見られているということを言いたかったのです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)10月2日 ベストグループ関東地区見聞会 ③

    子供の時に学んだことは、社会に出たら活きていくのだろうと思います。「苦労は買ってでもしなさい」と言われます。子供に苦労をさせない親の考え方は間違っていると思います。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)10月22日 ベストグループ中国・四国地区見聞会 ①

    皆様、おはようございます。人間は目に見えない力がなければ生きていけません。例えば、空気がなければ生きていけませんし、引力がなければ生きられません。命がなければ生きていけません。一番大事なことは、私たちは目に見えない存在に生かされているということです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)10月22日 ベストグループ中国・四国地区見聞会 ②

    アジアを見ても、中国人と韓国人、モンゴル人、ロシア人を比べても、顔や言語は違います。ロシア人は色が白くて目が青いです。北に行くほど太陽に当たる時間が少ないので色が白く、目が青いのです。国ごとに全部人種が違うのです。人種ごとに国があるのです。

    続きはこちら >>

  • 2016年(平成28年)10月22日 ベストグループ中国・四国地区見聞会 ③

    それでも、日本は世界に比べると犯罪は少ない方だと言われています。他の国に比べると、日本は夜でも安心して歩けると思います。世界中には、夜は一人で歩けない国がほとんどです。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)1月28日 ベストグループ東北地区見聞会 ①

    皆様、おはようございます。二歳半の時に生みの母が私を置いて、どこかへ行きました。それは神様が母親をチェンジなさったのだと、私はそう信じているのです。

    続きはこちら >>

  • 2017年(平成29年)1月28日 ベストグループ東北地区見聞会 ②

    我々の小さい時は、ご飯が食べられなくても、子供にはお金の話は一切しませんでした。それよりも命の尊さと人間性、人格の大切を教えられて、私たちは大きくなったのです。

    続きはこちら >>